人気上昇中のWiMAX2+

wimax_11

格安スマホのCMをよく目にしませんか?MVNOが普及し始めてモバイルの利用額がかなり下がってきています。

実はモバイルWiFiの月額料金も同じように下がっていて人気が出始めているんですよ。

WiMAX2+の利用を始めて1年が経ちますが、モバイルWiFiの中でもかなりオススメだと断言できます!

そんな私の体験談を紹介、ご検討されている方の参考になれば嬉しいです。

そもそもWiMAX2+とは?初心者のためにオススメの理由を分かりやすく紹介

 

WiMAXモバイルルーターと申しますのは、申込段階で機種をセレクトでき、概ね無償でもらえるはずです。そうは言っても選定の仕方を間違えてしまいますと、「使う予定のエリアが電波の届かに地域だった」ということがあり得ます。

モバイルルーターなら全部3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限規定があります。だけど無茶な使い方を自重すれば、3日間で3GB分使うことは大概ないので、それほど危惧する必要はないと思います。
WiMAXは合計の費用を計算してみても、他のルーターより低額でモバイル通信を利用することが可能なのです。回線が利用できるエリア内では、1台のWiMAXモバイルルーターで複数台の通信機器をネットに接続させられます。

モバイルWiFiルーターを選択する場合に、断然注意深く比較してほしいのがプロバイダーです。プロバイダー次第で、使用することができるルーターの機種であるとか料金がまったく異なってくるからなのです。
具体的にWiMAXとワイモバイルという評判の良い2機種のモバイルWiFiルーターの速度やひと月の料金などを比較してみましたが、上位機種限定の下り最大速度以外のほぼ全部の項目で、WiMAXの方が秀でていることがはっきりしました。

WiMAX2プラスのキャッシュバックキャンペーンが魅力、でも気を付けて!

 

ほぼすべてのプロバイダーが、電子メールを用いて「キャッシュバックを振り込む準備ができました。」といった類の案内を送ってきます。購入した日から長い期間を経てからのメールになるので、気付かないことも少なくないようです。
「GMOとくとくBB」という名のプロバイダーは、心がそそられるキャッシュバックキャンペーンを実施中ですが、キャッシュバックされるお金をきちんと入金してもらうためにも、「キャッシュバック振込案内メール」が届くようにメール設定しておくことが絶対条件です。

私自身でWiMAXとワイモバイルという2種類のモバイルWiFiルーターの速度や毎月毎月の料金などを比較してみたところ、上位機種限定の下り最大速度以外のおおよその項目で、WiMAXの方が優れていました。

LTEに関しましては、今現在の3Gを「長期的に進化させたもの」だとされ、この先登場することになっている4Gへの移行を無理なく遂行するためのものです。そういうわけで、「3.9G」と呼ばれることが通例です。
モバイルルーターならみんな3日で3GBか1ヶ月で7GBの速度制限が設けられているのです。とは言え出鱈目な利用さえしなければ、3日間で3GB分利用することは滅多にないので、そこまで危惧しなくても大丈夫だと思います。

WiMAX2+を決めるにはプロバイダーが重要 月額料金やキャンペーンは要チェック

 

「使えるエリア」「月間料金」「通信容量」「速度制限の有無」という4要素で比較検証してみた結果、誰が選択しても納得してしまうモバイルWiFiルーターは、わずかに1機種のみでした。

各プロバイダーでキャッシュバックされる時期はバラバラです。実際に入金される日は一定の期間を経過した後という決まりになっていますので、そうしたところも納得した上で、どのプロバイダーで手に入れるのかを決めた方がいいでしょう。
WiMAXのギガ放題プランというのは、データ通信量が3日で3GBを超えることになると速度制限が実施されることになりますが、その制限が適用されても十分に速いので、速度制限におののくことは不要だと言えます。

映像を見ることが多いなど、容量のあるコンテンツを主体として利用するような方は、WiMAX2+の方が合うでしょう。それぞれのプロバイダーが提供しているプランがあるので、それらのプランを比較しならご説明したいと思います。
WiMAX2+も、通信可能エリアが間違いなく拡充されつつあります。言うに及ばずWiMAXのサービスエリアならば、以前と変わらないモバイル通信ができるのですから、速度さえ我慢することができれば、大きな問題はありません。