WiMAXの速度制限に、気をつける必要がない理由とは

どういったタイプのモバイルルーターにも3日間10GBか1ヶ月間7GBの速度制限があります。そうは言っても常識外の使い方をしなければ、3日で10GBに達することは大概ないので、そこまで不安を抱く必要はありません。

モバイルWiFiの1か月間の料金は概ね4000円程度ですが、プロバイダーによってはキャッシュバックを行なっているところがあります。このキャッシュバックされる額を合計支払額から差し引けば、本当に掛かった費用が算定されます。

WiMAXモバイルルーターについては、運搬が簡単というコンセプトのもと開発製造された機器ですので、バッグの中などに楽々入る小型サイズということになっていますが、使用する際は予め充電しておくことが必要となります。

WiMAX2+も、通信サービス可能エリアが徐々に広くなってきています。当たり前のことですが、WiMAXの通信提供エリアなら、それまでと変わらぬモバイル通信ができますので、速度さえ我慢すれば、何も不自由はないはずです。
「ポケットWiFi」とは、「ワイモバイルが市場提供している全WiFiルーター」というのが原則的には正しいのですが、「家の外でもネットを可能にする端末全部を指す」のが通例です。

キャリアのモバイルルーターは、速度制限がかかりやすい!?

「ポケットWiFi」と言いますのは、ソフトバンクのワイモバイルという通信ブランドが売り出しているモバイル用端末のことであり、はっきり言って何所でもネット可能なモバイルWiFi端末全部を指すものではありませんでした。

UQWiMAXを除くプロバイダーは、本家本元とされるUQWiMAXから通信回線の設備をレンタルするときに必要なコストだけ負担すればいいので、UQWiMAXと比較したところで、その料金は抑えられていると言っても過言じゃありません。
ワイモバイルないしはNTTDoCoMoにて規定のある「3日間で最大1GB」という制限ですが、1GBというのはパソコンなどで映像を視聴しますと2時間程度で達してしまい、その段階で速度制限が掛かってしまいます。

WiMAX2+というのは、2013年に市場に提供された回線サービスなのです。それまでのWiMAXと比較してみましても、通信速度などがアップし、著名なプロバイダーが最新式のWiMAXとして、キャッシュバックを前面に打ち出して販売しているという状況なのです。

docomoやY!mobile(Yモバイル)だとしたら、3日間で1GBという通信量をオーバーしますと、しばらくの間速度制限がなされることになりますが、WiMAX(ノーリミットモード)であれば、そうした制限は存在しません。

速度制限以外では、WiMAXの注意点があるのか検証

過半数以上のプロバイダーが、メールにより「キャッシュバックを振り込む準備ができました。」という案内を送信してきます。契約をした日からだいぶ経ってからのメールなので、見過ごしがちだそうです。
当ホームページでは、各々に適したモバイルルーターを選定いただけるように、各プロバイダーの速度とか月額料金等を調べ上げて、ランキング形式にてご提示しております。

案外知らないようですが、「ポケットWiFi」という用語はワイモバイルの登録商標なのです。ただしWiFiルーターの1つだというわけで、今となっては普通の名詞だと認識されているようです。

普通のプロバイダーは、大元と言えるUQWiMAXから回線設備等を借りるときに必要なコストしかかからないので、UQWiMAXと比較してみましても、その料金は低く抑えられていることが大半です。
現在のところWiMAXを売っているプロバイダーは20~30社あり、それぞれにキャンペーンの中身や料金が異なっています。こちらのウェブサイトでは、人気のプロバイダーを3社ご紹介しますので、比較してみることをおすすめします。